ゴミ屋敷を今すぐ!片付けたい方へ【首都圏版】

誰にもいえないゴミ屋敷を素早く片付けるために

第一位

べんり屋Station

  • 東京・神奈川・千葉・埼玉のほぼ全域対応。
  • 即日や夜間など迅速な対応が可能。
  • 丁寧で温かい対応を徹底している。
  • 「わけあり案件」や特殊作業の相談にも対応。

サービス詳細はこちら

第二位

日本撤去

  • 東京・神奈川・千葉・埼玉の全域対応。
  • 問い合わせから72時間以内に対処、もしくは対処までの期日を決定するサービスを徹底。
  • 近隣に配慮した静穏作業も、オプションで実施。

サービス詳細はこちら

第三位

エコフレンドリーサービス

  • 東京・神奈川・千葉全域対応。
  • 作業当日に現地見積もり可能。
  • 不用品処分費+作業費+運搬費の合算で、明確な費用を算出。

サービス詳細はこちら

作業の流れ

このページでは、ゴミ屋敷片付け業者が行う、作業の流れを紹介しています。

ゴミ屋敷片付け業者の作業の流れ

ゴミ屋敷を片付ける専門業者に依頼した場合、どのような流れで作業が行われるのでしょうか?その一例を紹介します。

問い合わせ

ホームページ上の問い合わせフォームや、メール、電話などで問い合わせをします。

この時点でゴミの量、予算など細かな部分を相談しておくと良いでしょう。

「近所にバレないように配慮して欲しい」「女性部屋なので、可能であれば女性担当者に来てもらいたい」などの要望は、この時点で相談をしておいて。

首都圏のゴミ屋敷片付け業者をランキングしました>>

見積り

実際に部屋を見てもらうことが可能であれば、作業担当者に来てもらい調べてもらいましょう。

実際に見てもらえれば詳細な見積りを出してもらうことができます。

急な依頼などで電話見積りしてもらう場合、予期せぬ追加費用や延長を防ぐために、予めゴミの種類や量がどのくらいなのか調べ、担当者に伝えましょう。

作業日程調整

提示された見積り金額で問題なければ契約、作業日程調整を行います。

この時、作業当日に立会いが必要かどうか、作業時間がどのくらいかかるのかを確認しましょう。

立ち会わない場合は、捨てない物をどうやって保護しておけば良いのか、確認して。

また、業者といえ、他人を自宅に招くわけですから、不安なことは日程調整時に調整しておきましょう。

作業日当日

調整した日時に作業担当者が来て、片付けがスタートします。

基本的に、作業中は立ち会う必要はありません。ただし、作業中にも担当者から連絡ができるようにはしておきましょう。

自分の目で作業を見たい場合や、なるべくコストを削減したい場合、依頼者も片付けに参加可能です。

しかし、ゴミ屋敷の片付けは危険な作業もありますので、現場作業担当者と相談しましょう。

 作業が終了したら契約内容と作業が一致しているかを担当作業員と一緒に確認します。

事前の見積り料金から追加でオプション料金が発生している場合などは、どのような作業をしたのかを説明を受けましょう。

大抵の業者はこの時点で費用の支払いになります。