ゴミ屋敷を今すぐ!片付けたい方へ【首都圏版】

誰にもいえないゴミ屋敷を素早く片付けるために

第一位

べんり屋Station

  • 東京・神奈川・千葉・埼玉のほぼ全域対応。
  • 即日や夜間など迅速な対応が可能。
  • 丁寧で温かい対応を徹底している。
  • 「わけあり案件」や特殊作業の相談にも対応。

サービス詳細はこちら

第二位

日本撤去

  • 東京・神奈川・千葉・埼玉の全域対応。
  • 問い合わせから72時間以内に対処、もしくは対処までの期日を決定するサービスを徹底。
  • 近隣に配慮した静穏作業も、オプションで実施。

サービス詳細はこちら

第三位

エコフレンドリーサービス

  • 東京・神奈川・千葉全域対応。
  • 作業当日に現地見積もり可能。
  • 不用品処分費+作業費+運搬費の合算で、明確な費用を算出。

サービス詳細はこちら

その原因

ゴミ屋敷を生む原因や心理、そして居住者が女性の場合の対処法などを調べています。

ゴミ屋敷を生む原因や心理をリサーチ

ごみイラストイメージ日常的に整理整頓をしている人にとって、ゴミ屋敷になってしまう状況はなかなか理解できないものです。

しかし、近年はゴミ屋敷の現状が数多く報道されるようになりました。

当事者にとってみれば、「片付けたくても、片付けられない」と悩んでいる場合もあります。

また周囲の人間が、理解しようと苦しんでいるケースがあるかもしれません。

その原因を探るべく、ゴミ屋敷の主のいくつかのパターンを調べてみました。

整理整頓ができない

生活するうえでは、さまざまなゴミが発生していくものですが、それを整理することを、特別面倒くさがる人がいます。

このタイプには、異常な環境に対して無頓着という特徴があります。

一般の人はゴミ屋敷を見ると、その異様な景観や悪臭に嫌悪感を憶えます。

しかしそこで生活を営める人は、部屋自体の不快感より、きちんと整理整頓を行うことへの拒否感を優先できるわけです。

物が捨てられない

服や家具、電化製品などがなかなか捨てられないという方もいるかと思いますが、それが積み重なった結果、ゴミ屋敷となってしまうパターンです。

このタイプは物に対する執着心が、異常に強いようです。

生ゴミなどは捨てられますが、服は捨てられないという人には、その兆候が見られるかも!?

ゴミを拾ってきてしまう

どちらかというと若者より、年配者によく見られるのが、このパターン。

他人から見ればガラクタにしか見えないゴミを、外から拾い集めた結果、家をゴミ屋敷にしてしまいます。

このタイプもある意味、物に対する執着心が強いと言えるでしょう。

片付けられない症状にも注意

ADHD(注意欠陥多動性障害)や ADD(注意欠陥障害)という症状をご存知でしょうか?

整理整頓ができない人の中に、この症状が原因という方もいます。

注意力や集中力が散漫になり、別のことに気が移ってしまうため、1人で片付けをすることが非常に難しいのです。

医学でも、まだ根本原因はわかっていないため、気をつけようとしても、どうしてもむずかしいのです。

こうしたケースこそ、1人で対応することではなく、他人の力を借りるべきだと思います。

ゴミ屋敷に住む女性を救うには?

ゴミ屋敷にしてしまう人に性別は関係ありません。

しかし女性の場合、ゴミ屋敷に住んでいるとしたら、プロに頼もうと思っても「恥ずかしい」と考え、事態がさらに悪化してしまうかも。

近年は女性の清掃員を派遣する業者も数多くありますので、ぜひ問い合わせの際に確認してみましょう。